むし歯・歯周病治療

むし歯治療で心がけていること

当院のむし歯治療で心がけていること、それは極力「健康な歯を削らない」ということです。
むし歯の進行が浅い時にはフッ素を塗布して定期管理を行い、削らずに経過を見ていきます。削らない、抜かない、ということを意識して治療をしています。

むし歯の治療は、症状が出る前に来院していただくと、患者さまの負担もなく治療もスムーズに進めることができます。しかし、むし歯の初期はほとんど痛みを感じません。そのため、日常のケアはもちろんですが、歯科医院での定期検診もとても重要になります。

「歯がしみる」「歯が痛む」のような症状が気になりましたら、ぜひご来院いただければと思います。

早期治療の重要性

歯は、一度削ってしまえば、二度と戻ることはありません。やむなく削ってしまったところに対して、人工物に置き換える治療は施しますが、天然歯に勝るものはありません。人工物を入れた部分も徐々に劣化が始まって、次第に周囲に歯垢が溜まったり、むし歯になりやすい環境が増えたりしてしまいます。
なるべく自身の歯を守り、長持ちさせるためには、やはり「早期治療」が欠かせません。早期治療であれば、痛みも少なく、また治療回数も少なく済み、時間的、身体的な負担も少なく済みます。
しかし仕事や子育てなどに追われてしまうと、「早期治療」にかける時間もなかなか取れないのが現状でしょう。
そのため当院では、年に2〜3回程度の間隔で行う歯科医院での定期的なクリーニングや、健康状態のチェックなどを、無理のない範囲でおすすめしています。

神経を抜く、抜歯になってしまうむし歯とは

自覚症状で痛みがある場合、むし歯はある程度進行している状態です。状況によっては、むし歯が神経にまで到達していることも。
詰め物が欠けたり、外れたりした場合、また歯が欠けてしまった場合にそのまま放置しておくと、そこに歯垢が溜まり、むし歯が進行してしまう原因になります。

歯を抜くことは、身体の部分をひとつ「失くす」ということ。臓器などの他の部分に負担がかかることになります。できる限り、歯や神経を保存すること。そのために、どんな治療法が適しているのかをご提案し、また日常生活におけるアドバイスなども当院では行っております。

治療を途中でやめてしまうリスク

どんなに気を付けていても、成人を迎えたら老化現象が始まります。よって、身体や歯も徐々に劣化していきます。その中で治療をやめてしまうと、治療に時間がかかったり、あるいは治療そのものが難しくなったりするケースも考えられます。

一歳でも若いうちに、また問題がまだ小さいうちに治療を開始しておくことは、最後まで自分の歯で美味しく食事ができ、自分の足で行動して活動できる身体をつくることにつながります。

「痛みがなくなったから終わり」ではなく、むしろそこからをスタートとして、歯の健康管理に留意していただけたらと思います。

治療後のメンテナンスについて

治療後の痛み対策

治療において、すべての方に対応できる完全な無痛治療は不可能です。たとえば、むし歯を削ったり神経の治療をしたりすると、痛みが出る場合があります。(詰め物が入るまでは若干しみることもありますが、治療が終われば緩やかに痛みがなくなります。)
また、神経の治療後は鈍痛が残ることもあります。これらの痛みに対して、当院では適切に鎮痛剤などを処方し、対応しております。

当院では、すべての治療において痛みが伴う可能性を考慮し、患者さまの負担が少ない処置を行っています。

歯科医院によるセルフケアのアドバイス

自身の歯を守るためには、食生活の習慣や、日々のケアが何より大切です。しかし、年齢とともに歯や歯ぐきが痩せる、歯の形がすり減るなどの変化がありますので、年齢に合わせてブラッシングの方法や、使用する道具も変えていく必要があります。
そのため、ご自身に合ったブラッシング方法を定期的に歯科医院で診てもらうことは、とても重要です。

それぞれの患者さまに応じて、むし歯や歯周病が発生しにくいような環境づくりを、プロの目からアドバイスしております。

歯周病とは

歯周病とは、歯周病菌に罹患することによって、出血や歯ぐきの腫れなど、さまざまな症状が現れる病気です。

歯周病は、初期段階では症状がほとんどありません。歯ぐきの腫れ、出血などの自覚症状が現れた際には、すでに進行している状態です。
さらに汚れが増えると、やがて歯と歯肉の間に溝(歯周ポケット)ができ、汚れが溜まっていきます。この溝の中は細菌の繁殖には最適な環境で、やがて歯肉が炎症を起こします。

感染がさらに歯周ポケットの奥まで広がると、歯槽骨(しそうこつ=歯を支える骨)や歯根膜(しこんまく=歯槽骨と歯の間のクッションの役割をする組織)が溶かされて歯を支えきれなくなり、さらに進行すると歯がぐらつき始めて、やがては歯を失ってしまうのです。

見つかったときには手の施しようがなかった、というケースも稀ではありません。そうなる前に早期発見・早期治療を心がけ、大切な歯を歯周病から守りましょう。

なぜ歯周病が怖いのか

歯周病が怖い最も大きな理由は、「自覚症状がほとんどなく、症状に気付いた時には手遅れ」になっていることが挙げられます。年齢を重ねた方の歯を失う理由の多くが、この歯周病だとも言われています。
それを裏付けるように、40歳を過ぎてからのお口の中の病気で最も多いのが歯周病であり、厚生労働省の調査でも、「日本人の成人のうち、約80%が歯周病に感染している」という報告もあります。

大切な歯を失わないためにも、早期発見・早期治療が何より大切です。

当院の歯周病治療

お口の中にはさまざまな細菌が棲みついています。むし歯をきれいに治療しても、もし歯周病にかかっていたらどうなるでしょうか。歯周病が進行すると、最悪の場合、せっかく治した歯が抜け落ちてしまいます。

こうした事態を避けるために、当院ではむし歯治療を始める前に、歯周病の改善を行います。大切な歯を守るために必要な治療ですので、ご理解いただければと思います。

歯周病の進行具合と治療方法について

軽度歯周病

歯と歯肉の隙間にプラーク(歯垢)や歯石が溜まって、細菌が繁殖した状態です。歯肉に炎症が起きて、歯肉の腫れや出血が見られます。

具体的な治療方法
  • 数回の歯周病ケア
  • 歯科衛生士によるブラッシング指導

中等度歯周病

口臭や出血がきつくなり、歯石の付着も目立った状態です。骨の後退が徐々に始まり、歯周ポケットも深くなり、歯のぐらつきが起き始めます。

具体的な治療方法
  • 歯周ポケットの奥に付着している歯石を除去
  • 痛みがあるときは麻酔をかける
  • 場合によっては、歯周外科を適用
  • 歯科衛生士によるブラッシング指導

重度歯周病

歯肉が化膿して真っ赤に腫れた状態です。骨の破壊がかなり進んで歯を支えきれなくなり、歯に触れると大きく揺れます。

具体的な治療方法
  • 場合によっては、歯周外科で対応
  • それでも歯が保存できなければ抜歯となる

スケーリングで歯ぐきを改善し、定期的な歯周病ケアを行います

スケーリングとは、歯ぐきや歯周ポケットの内側に溜まっている、汚れや歯石を取り除く治療です。スケーラーと呼ばれる金具を使い、デリケートな歯肉を痛めないように注意しながら処置します。
治療後は、歯の表面を滑らかにして新たな細菌の付着を防ぐ、歯周病ケアを行います。このケアは、むし歯や歯周病、口臭の予防効果もあります。

歯石は時間とともに再付着します。お口の中を清潔に保つためにも、定期的なケアを受けて、歯周病を予防しましょう。

薬で歯周病を改善する歯周内科治療

これまでの歯周病治療は、歯周病の原因となる歯垢やプラークを取り除く治療が基本でした。また症状が悪化した歯周病は、歯周ポケットの内側にこびりついた歯石を取るために、歯肉を切除しなければなりませんでした。この処置には、当然、苦痛や痛みも伴います。

こうした治療に対し、近年注目されているのが歯周内科治療です。歯周内科治療とは、飲み薬と塗り薬で歯周病を改善する治療法です。ひどい状態でも、外科的な処置をせずに歯周病を改善できる方法として注目されています。

歯周内科治療の流れ

1歯周病菌検査

顕微鏡でお口の中に潜んでいる細菌を調べて、治療計画を立てます。

2飲み薬を服用

1日1回、3日間服用してください。

3専用の塗り薬による歯磨き

ブラシに塗り薬を付けて、歯と歯ぐきの間にすり付けるようにして歯を磨いてください。

4徹底した除菌

薬剤の服用と並行して、歯科衛生士による歯周病菌の除去を行います。

ご予約・ご相談はお気軽に
歯のことでお悩みでしたら、春日井市にある森川歯科クリニックまで。
まずはお気軽にお問い合わせください。
  • WEB予約
  • 0568-52-1118
  • inq_btn03_sp.png
  • WEB予約はこちら
0568-52-1118