トップへ » No.33 2010年

No.33 2010年

No.33

皆さん、こんにちは。
秋も深まり、日に日に寒くなりますが、体調を崩したりしてはいませんか?
食欲の秋・運動の秋など、いろいろな秋をぜひ満喫して下さいね♪

花

口とは...

口は人間にとって、素晴らしいものだ。

それは人間の情緒においても、
日々の生活にとっても、
また人間の生活にとっても、
人間の美しさにとっても...。

口...それは、今まさに私が生きていることを現わしている。

もし動物が歯を失ったとき、
その動物の死を意味する。
歯を失ったとき、彼らは生き続けることは不可能であり、
その生に終わりを告げやがて死んでいく。

人間にとって、口は会話を楽しみ
愛を語り、幸せ、喜び怒りを現わす。

口は愛情の入り口であり、
食べ物を摂り、生き、
そうして人間は栄えていく。

だからこそ、口はどんな犠牲を払おうとも、
十分な注意と管理を受けるだけの価値を持っている。
Dr.ハロルド・ワースより
口は命の入り口、歯は命の柱、そして噛むことは命の貯金
噛むということは、生きる力そのものだと私達は考えます。

花

No.33No.33No.33

皆様のお口の健康をより保てるように、"高濃度フッ素塗布"をご用意しました。
歯が生え始めた時(0歳)から一生涯、フッ素塗布をしていく事は、虫歯を予防するのに有効な1つの方法です。

フッ素の効果

・歯の中に取り込まれ、より酸に抵抗力のある歯になり、虫歯になりにくくする。
抗菌作用がある→お口の中の細菌を減らす。
・溶け始めた初期の虫歯を再び硬くする。

フッ素の利用は、大人の方にも効果があります。
年を重ねると、歯茎が下がったり、唾液の量が少なくなっていきます。
歯の根っこの部分が見えてくると、その部分が虫歯になるリスクが高くなるのですが、フッ素コーティングをする事でむし歯の予防効果が期待できます。
冷たい物がしみる等の知覚過敏にも効果的です。

フッ素は、普段の食事や飲み物からも取り込む事で、歯を内側から強くする事もできます。

No.33魚介類  海藻類  紅茶  緑茶   等
ただし、フッ素を塗ったからといって絶対虫歯にならないわけではありません。

お口の健康を保つためには...

・ご自身での歯磨き(セルフケア)
・生活習慣:食事、運動、睡眠、喫煙

このバランスを適切に保つ事が大切です。

花
お母さまの診療中、小さなお子さんをお預かりする、キッズルームがございます。
詳しくはスッタフまで。


トップへ » No.33 2010年


コールバック予約

PAGE TOP