トップへ » No.26 2009年10月号

No.26 2009年10月号

No.26
気が付けば、もう10月・・・今年もあと2か月となりました。
また、皆さんは秋と聞いて何を思い出しますか?
食欲の秋・・・読書の秋・・・色々ありますよね♪

No.26

No.26

No.26
森川歯科クリニックでは、小さなお子さんをお持ちのお母さまに安心して歯科治療を受けて頂けるよう、国家資格を持った保育士が大切なお子さんをお預かり致します。

託児利用可能時間
月・火・水・金の午前中(9:30~12:30)

保護者の診察中のみお預かり致します。(無料)
事前にご予約をお願いします。
 当日のお申込みでもお預かりできますが、人数に限りがあるので、状況によりお預かりできない場合もございます。
伝染性の病気や37.5℃以上の熱があるお子さんはお預かりできません。
ミルクやおやつ等の飲食物の持ち込みはできませんが、オムツ等、必要な方は名前を記入し袋にまとめて保育士にお渡し下さい。

花

メタボリックシンドロームとは?

No.26メタボリックシンドローム 最近よく「メタボリックシンドローム」という言葉を耳にするけど、どういうものか分からない・・・という方も多いのではないかなと思います。
メタボリックシンドロームとは、生活習慣、年齢、性別、食生活、飲酒、喫煙、運動不足、ストレスなどが関連して発症します。
40~74歳でみると、男性の2人に1人、女性の5人に1人がメタボリックシンドロームが強く疑われる、または予備軍と考えられています。
もしかして自分も!?と不安になった方!!
診断基準があるので、一回やってみて下さい。

No.26

No.26どうでしたか?
聞いた事のない単語ばかりかもしれませんが、ウエストを測ったりするのは簡単にできると思います。
また、血圧もなかなか測る機会がないとは思いますが、今は病院や薬局に血圧計が置かれている所も多いので、一度測定してみてはいかがですか?

改善するためには

メタボリックシンドロームを改善するためには、食物繊維の豊富な食事を摂ること、嗜好品(アルコール、間食など)との上手な付き合い方が大事です。

簡単にできるレシピNo.26

☆豆腐カレー☆No.26

<材料2人分>
・木綿豆腐・・・1丁
・にんにく・・・1片
・牛ひき肉・・・80g
・しめじ・・・1パック
・カレールウ・・・2片
・コンソメスープ・・・200cc
・醤油・・・大さじ1杯
・オリーブ油・・・大さじ1杯
・ご飯・・・お茶碗1杯(120g)

<下準備>
木綿豆腐は、約3cm角に切っておきます。
しめじは、根元を切ってほぐしておきます。
にんにくはみじん切りにしておきます。
固形コンソメ1つを水200ccで溶いておきます。
カレールウは細かく砕きます。

<作り方>
1.フライパンにオリーブ油をひき、温まったらニンニクを入れ、ニンニクの香りが出てきたら、ひき肉、しめじを入れて炒めます。
2.さらに、はじめに準備しておいたコンソメスープとカレールウ、醤油を加えます。
3.2が煮立ってきたら、豆腐を加えて火を通し、あたたかいご飯にかけて完成です♪

No.26日常生活でできる簡単な運動

食内容を変えただけでは、メタボリックシンドロームは解消されません!!
運動する事も大切です。
運動には、ウォーキングやジョギング、サイクリングなどの有酸素運動、筋力トレーニングといった酸素を必要としない無酸素運動があります。
この2つの運動をあわせて実践するのが最も効果的といえます。
また、運動前と運動後のストレッチ体操を忘れずに!!!

花

No.26
毎年10月31日はハロウィンです。
子供達が「Trick or Treat!(何かくれ。さもなきゃ悪さするぞ!)」なんて来るかもしれません。
人を"船"に例えて、むし歯になる仕組みや、キシリトールの働きについて、わかりやすく書いてあります。
その為に、お菓子を作ってみてはいかがですか?

☆カボチャのプチスフレ☆

<材料10個分>
・卵黄・・・3個
・コーンスターチ・・・10g
・薄力粉・・・10g
・牛乳・・・150g
・グラニュー糖・・・60g
・バター・・・30g
・卵白・・・1個
・カボチャペースト・・・150g
・砂糖・・・40g

<作り方>
1.卵黄、グラニュー糖、コーンスターチ、薄力粉をあわせます。
2.1にカボチャペーストを入れ、混ぜます。
3.温めた牛乳も合わせます。
4.3を強火にかけます。
5.4に溶かしたバターを入れ、混ぜます。
6.卵白と砂糖でメレンゲを作ります。
7.5に6を入れ、合わせます。
8.カップに生地を流し込み、お湯をはった鉄板に並べ、180~200℃のオーブンで約20分位湯せん焼きをし、焼きあがって冷やしたら出来上がりです♪


トップへ » No.26 2009年10月号


コールバック予約

PAGE TOP