トップへ » No.25 2009年9月号

No.25 2009年9月号

No.25

残暑お見舞い申し上げます。No.25
夏の疲れを身体に溜めてはいませんか?
たまには、体を動かしたり、マッサージに行ったり、歯科医院に行ったり・・・
リフレッシュをして自分自身を労ってあげましょう♪

花
No.25
森川歯科クリニックでは、小さなお子さんをお持ちのお母さまに安心して歯科治療を受けて頂けるよう、託児ルームを用意し、保育士が大切なお子さんをお預かり致します。
ご希望の方は、受付、お電話にてお申し出下さい。

No.25
託児利用可能時間
月・火・水・金の午前中(9:30~12:30)
No.25

花

No.25
お子さんの生活リズムを振り返ってみて下さい。
生活リズムは連鎖的に乱れやすいものです。
いくつか思い当たる点はありませんか?

・AM8:00を過ぎても寝かせたまま。
・朝ごはんと昼ごはんが一緒。
・おやつの時間は決まっていない。
・~しながら食べている。
・夕方~夜に一眠りしてしまう。
・PM10:00夜食を親と一緒に食べる。

正しい生活リズムを作るには・・・

No.25間食を控え、3食きちんととらせましょう。
No.25子供が欲しがる時におやつを与えるので、ご飯がしっかり食べられず、そのためまたすぐお腹がすくのでおやつを・・・
こんな食生活ではむし歯になりやすく、またお菓子ばかりでは成長に必要な栄養がとれません。

No.25朝7時~8時には起きましょう。
人間の生体リズムは、朝、太陽の光を浴びることでリセットされます。
早く起きれば、夜は自然と眠くなり、早寝早起きの習慣が身に付きます。
No.25

No.25朝食をしっかり食べさせましょう。
朝食は体を目覚めさせて、一日の活力をつくる素。
抜いてしまうと、エネルギー不足で頭がぼんやりしてしまいます。
パンやご飯だけでなく、卵や野菜も取り入れるなど、栄養バランスを考えましょう。
No.25

No.25午前中に外遊びをさせましょう。
家の中にいると、テレビやビデオを見ながらお菓子を食べたり、ジュースを飲んだり・・・。
外で遊べばお腹もすいて、昼食もおいしく食べれます。
お腹いっぱいになって眠くなったら、昼寝をさせましょう。
No.25

No.25夕食はなるべく7時頃までに。
睡眠中は、唾液の分泌が少なくなるので、寝る前に食事をすると口の中が酸性の状態が長時間続いて虫歯になりやすくなります。
夕食から寝るまでに2時間はとり、また、お腹がすく前に寝かせましょう。

No.25夜9時頃までには寝かせましょう。
夜更かしをして朝すっきり起きれないと、軽い時差ボケ状態になり、日中の活動量が少なくなって、セロトニンという物質の分泌が少なくなってしまいます。
セロトニンが不足すると、イライラしやすくなると言われています。


トップへ » No.25 2009年9月号


コールバック予約

PAGE TOP