2017年5月12日 « トップへ » 2017年5月22日

2017年5月20日

No.75 歯っぴーNEWS

スクリーンショット (20).png

スクリーンショット (21).png

3月に入り暖かい日が増えてきました。
多くの場所で梅や桃の花が見頃を迎えています。
皆さんはもうご覧になりましたか?

梅の花と桃の花は、見分けがつかないと思う方も多いかと思います。
2つの花の簡単な見分け方があるのをご存知でしょうか?
梅の花は花弁の先端が丸。
桃の花は花弁の先端が少し尖っているそうですよ★
3月はご家族やお友達と春を見つけにお出かけしてみてはいかがでしょうか♪


最近お子さんがいらっしゃる方から指しゃぶりについて質問されることがたくさんあります。
そこで今回のテーマは..."指しゃぶり"です。

3歳頃までの指しゃぶりは発達の上で生理的なものです。
あまり神経質にならず温かく見守りましょう。
また、5歳ころまで続いても、幼稚園などへの入園や、友達に見られたくないという
気持ちから自然になくなることがあります。
しかし、昼間でも指しゃぶりを頻繁にしている場合は積極的な働きかけが必要です。
そして、6~7歳頃までずっと続いていると、しゃぶり方や頻度によっては、
大人の歯並びに影響が出ることがあります。

◆◆◆指しゃぶりによる歯並びへの影響◆◆◆
≪上顎前突≫
上顎前突.png
≪開口≫
開口.png
≪V字歯列≫
V字歯列.png


【指しゃぶりをなくすために】
・原因を考えてみる
・生活環境などに問題がある場合、
 取り除く努力をする
・お子さんの生活リズムを整える
・外遊び等でエネルギーを発散させる
・手や口を使う機会を増やす
・指人形や手袋をして眠る
・爪にカラシなどを塗る

【ご家庭で心がけること】
・家族全員で協力しましょう
・お子さんに劣等感を与えるような言葉は避け、
 口うるさくしすぎないようにしましょう
・お子さんの頑張りはたくさん褒めましょう
・お子さんと過ごす時間、スキンシップを
 増やしましょう

最後に...
指しゃぶりをなくすには、お子さんの『やめたい』という気持ちが大切です。
やめたい気持ちがない場合、お子さんが集中できることを見つけてあげたり、
やる気が出るまで待つことも必要です。


2017年5月12日 « トップへ » 2017年5月22日


コールバック予約

PAGE TOP