2016年9月 « トップへ » 2017年6月

2017年5月30日

No.70 歯っぴーNEWS

スクリーンショット (32).png
スクリーンショット (33).png

10月に入り、朝晩少し冷えてきました。皆さん風邪はひいていないでしょうか?
薄手の上着を持ち歩き、寒さに対応できるようにすると良いですね★

さて、10月といえばハロウィンですね♪
ハロウィンと聞いてぱっと頭に浮かぶのはカボチャをお化けの顔にくり抜いて作った提灯「ジャック・オー・ランタン」。

ジャック・オー・ランタンは天国と地獄を行き来する「うそつきジャック」が持っている
カブ提灯が由来だそうで、元々はカボチャではなくカブが使われていたそうです。
しかしアメリカではカブに馴染みがなく、ちょうどハロウィンの時期がカボチャの収穫時期であったことからカボチャで代用したのが、今では一般的に広まっているそうですよ☆

今年のハロウィンはジャック・オー・ランタンを作って、より楽しみませんか(*^ ^*)?

~身体の健康はお口から~
みなさんは10年後、20年後、更にはその先、毎日の食事をどのような歯の状態で楽しみたいとお考えでしょうか。
もし歯を失っても、"入れ歯があるから大丈夫!"なんて考えたことはありませんか?
入れ歯では本来の約1/5の力でしか噛めなくなると言われています。
自分の歯で噛むことにより、人は若々しく健康な体を保てるのです。

<噛むって良いこと♪>
①ダイエット&病気予防
1口につき30回ほど噛むと、脳の満腹中枢が刺激され、食べすぎを自然にストップしてくれます。
また、肥満を防ぐことにより、糖尿病や高血圧などの生活習慣病を防ぐことにも繋がります!!

②美肌美人
しっかり噛むことで顔の筋肉が鍛えられ、しわや毛穴が目立ちにくくなります。また、噛むことで分泌される唾液には、皮膚の内側から活力のある美肌形成を促進するホルモンが含まれているため、美肌効果に繋がります♪

③老後も元気に!
しっかり噛むことで、脳への血流が良くなり、精神活動意欲が向上します。歯の本数が多い高齢者の方には認知症が少ない=認知症予防にも繋がります!!

口は命の入り口、歯は命の柱、そして噛むことは命の貯金。
噛むということは生きる力そのものなのです。

これからも歯を大切に、バランス良くたくさん噛んで生涯楽しく食事ができるようにしていきましょう♪

2017年5月23日

No.71 歯っぴーNEWS

スクリーンショット (29).png

スクリーンショット (30).png

No.72 歯っぴーNEWS

スクリーンショット (26).png
スクリーンショット (27).png

街中がイルミネーションで華やかになり、気分がウキウキしてくる12月に入りました♪
今年も残すところあと1か月。皆さん今年1年は、どのような1年となりましたか?
いい1年だったと笑って新年を迎えられるよう、充実した月にしてください☆

 突然ですが皆さん、今月のハブラシ交換は済みましたでしょうか?
ハブラシの取り替え時期は1ヶ月に1回が目安といいます。
毛先が広がらず、まだたまだ使えそうに見えても、1ヵ月ほどの使用でブラシの弾力は弱くなっていて、十分な歯磨きが出来ません。
 そこで毎月8日を歯の日とハブラシ交換の日として、平成9年に
サンスターが制定をしたようです。日本人の習慣として年明けに新しいハブラシを交換しようと、12月は古いハブラシをそのまま使う人が多いそうで、12月の交換は重要視されているそうですよ!
適切なハブラシ交換と歯磨きで、身も心も爽やかに新年を迎えましょう♪


≪10/31にハロウィンイベントを行いました≫
"カボチャのバッチを付けているスタッフに、「トリック・オア・トリート」というと...お口の健康に良いプレゼントがもらえます♪"というハロウィンイベントを行いました!!

今回のイベントでは 虫歯になりにくく、噛む力もアップできるお菓子と、虫歯予防に効果的な当院おススメのハミガキ剤をプレゼントさせいただきました♪

皆さんと一緒にスタッフも自然と笑顔になれるイベントになりました♪
ご参加いただきました皆さん、ありがとうございました(*^^)

2017年5月22日

No.73 歯っぴーNEWS

スクリーンショット (24).png
スクリーンショット (25).png

新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。
寒い日が続き風邪やインフルエンザも心配な時期ですが、この一年、健康的な一年にしたいものですね。
元気で健康的な一年とするために「何か始めるよ」という方もみえるのではないでしょうか。その為にも大切な事の一つとして「整った食生活」があげられますよね。
野球のメジャーリーグで活躍するダルビッシュ有投手は「今日の身体は昨日までの食べ物でできている」と言っていました。
偏った食生活などで必要な栄養素が不足すると、そのダメージは髪、肌、美容、老化促進など様々な問題や免疫力の低下により風邪をひきやすくなります。
また、インフルエンザの罹患率は日本大学歯学部の研究によると、歯垢・歯石の除去など適切な口腔ケアーを受けているグループは、受けていないグループに比べ1/10に減少したというデータもあります。
身体を作る素となる食事により必要な栄養素をバランスよくとること、そして、栄養素の入り口であるお口のケアーをすることで、元気で健康的な日々を送ることができます。
森川歯科はこの一年も皆様の健康で幸せな毎日をサポートさせて頂きます。
【院長 森川真作】

◆あなたは鼻呼吸?口呼吸?◆
=口呼吸チェック=
口を閉じてみてください。そのとき舌先はどこに当たっていますか?
口呼吸.jpg
左の図の人は正常な位置で、鼻呼吸といえます。
右の図の人は口呼吸といえます。

≪口呼吸が万病の元!≫
口呼吸により口が乾燥すると唾液による殺菌・消毒作用が発揮されず、細菌が繁殖しやすくなります。そうなると虫歯や歯周病、口臭といった口の中の問題が起こりやすくなります。それだけではなく、全身の血管や内臓の働きを調整する自律神経のバランスが乱れ、様々な病気へとつながるのです。インフルエンザなどもかかりやすくなります。
皆さんの舌の位置は正常ですか?
鼻で呼吸していませんか?

No.74 歯っぴーNEWS

スクリーンショット (22).png

スクリーンショット (23).png

皆さんは「歯磨きに時間をかける国ランキング(40か国)」で日本が何位か知っていますか?
なんと!1位で平均6.4分だそうです。ちなみに2位はインドで6.1分、3位はチリ・フィリピン・チェコで5.3分、最下位はニュージーランドで2.6分です。
では、「虫歯が多い国ランキング(40か国)」では何位でしょうか?世界一歯磨きに時間をかける日本ですが23位だそうです。ちなみに1位:はウクライナ、2位:カザフスタン・ロシア、そして最下位:はスウェーデンです。スウェーデンで虫歯が少ない理由には歯科医院に定期検診に行く割合が大人80%、子供100%というほど虫歯の予防に対する意識が強いそうです。でも、歯磨きの時間は2分ほどで、世界でも3番目に短いそうです。
日本人の定期検診の割合は10%ほどでしかありません。どんなに時間をかけて自分で磨いても限界があります。自分だけのケアだけでなく、プロによる定期的なケアがいかに大切かよくわかるランキングですよね。
いつまでもおいしく食事ができ、心も体も元気でいられるようみなさんも定期的にケアを受けてくださいね。(*^▽^*)〈歯科助手・高橋〉

≪12月のTopics≫
クリスマスイベントを開催しました(*^▽^*)くじを引いてプレゼント!

≪1月のTopics≫
スタッフ皆で書き初めしました♬テーマは「今年の抱負」です。
今年の抱負、意気込みを女性スタッフ同士でスピーチしあい、投票で金・銀・銅賞を決定しました(*^▽^*)新年の気持ちを忘れず1年頑張ります!

2017年5月20日

No.75 歯っぴーNEWS

スクリーンショット (20).png

スクリーンショット (21).png

3月に入り暖かい日が増えてきました。
多くの場所で梅や桃の花が見頃を迎えています。
皆さんはもうご覧になりましたか?

梅の花と桃の花は、見分けがつかないと思う方も多いかと思います。
2つの花の簡単な見分け方があるのをご存知でしょうか?
梅の花は花弁の先端が丸。
桃の花は花弁の先端が少し尖っているそうですよ★
3月はご家族やお友達と春を見つけにお出かけしてみてはいかがでしょうか♪


最近お子さんがいらっしゃる方から指しゃぶりについて質問されることがたくさんあります。
そこで今回のテーマは..."指しゃぶり"です。

3歳頃までの指しゃぶりは発達の上で生理的なものです。
あまり神経質にならず温かく見守りましょう。
また、5歳ころまで続いても、幼稚園などへの入園や、友達に見られたくないという
気持ちから自然になくなることがあります。
しかし、昼間でも指しゃぶりを頻繁にしている場合は積極的な働きかけが必要です。
そして、6~7歳頃までずっと続いていると、しゃぶり方や頻度によっては、
大人の歯並びに影響が出ることがあります。

◆◆◆指しゃぶりによる歯並びへの影響◆◆◆
≪上顎前突≫
上顎前突.png
≪開口≫
開口.png
≪V字歯列≫
V字歯列.png


【指しゃぶりをなくすために】
・原因を考えてみる
・生活環境などに問題がある場合、
 取り除く努力をする
・お子さんの生活リズムを整える
・外遊び等でエネルギーを発散させる
・手や口を使う機会を増やす
・指人形や手袋をして眠る
・爪にカラシなどを塗る

【ご家庭で心がけること】
・家族全員で協力しましょう
・お子さんに劣等感を与えるような言葉は避け、
 口うるさくしすぎないようにしましょう
・お子さんの頑張りはたくさん褒めましょう
・お子さんと過ごす時間、スキンシップを
 増やしましょう

最後に...
指しゃぶりをなくすには、お子さんの『やめたい』という気持ちが大切です。
やめたい気持ちがない場合、お子さんが集中できることを見つけてあげたり、
やる気が出るまで待つことも必要です。

2017年5月12日

No.76 歯っぴーNEWS

スクリーンショット (18).png
スクリーンショット (17).png

こんにちは(*^_^*)新年度がスタートし、あっという間に1ヶ月が経ちましたが、新しい環境には慣れてきましたか?
爽やかな季節になり、天気が良いとどこかにお出かけしたいなという気持ちになりますよね。5月は、ゴールデンウィークや母の日などたくさんのイベントがありますが、皆さんはどこかお出かけをしに行く予定はございますか?しかし、そんな楽しい気持ちも、お口の状態が悪いと、十分に楽しめません。少しでもお口の中で気になる事がありましたら、是非相談しに来て下さい。お口の中で特にお困りのない方も、一度定期健診に行かれてみてはいかがでしょうか。お待ちしております。【歯科助手:藤田】

≪フロスを使って歯を健康に≫
歯磨きは歯ブラシだけという方は多いのではないでしょうか?
しかし、歯と歯が接触している所は、食べ物がはさまりやすく虫歯が出来やすい所です。
そのような場所は、歯ブラシと共にフロスを使って虫歯を予防しましょう。

~ウルトラフロス~
柄つきタイプのフロスで、「指巻き式のフロスでは奥歯まで通しづらい」と言う方にオススメ。
Y字型なので奥歯にも使いやすいので、しっかり歯垢を除去しやすいフロスです。
~ウルトラフロスの使い方~
歯と歯の間にゆっくりスライドさせながら優しく入れていく。
勢いよく入れると、歯茎や唇を傷つける可能性があるためご注意下さい。
【ポイント】
フロスを歯面に押しつけるようにしながら上下に動かすと、きれいに歯垢を取ることができます。
4903301154082.jpg

~e-フロス~
指巻きタイプのフロスで、「歯間ブラシを通すのが難しい」「詰物に引っかかってしまう」と言う方にお勧めです。
唾液でスポンジ状に膨らむので、歯茎を傷つけず歯垢除去できます。
~e-フロスの使い方~
容器から約40cmの長さにフロスを切り出し、左右の中指に両端を2~3回巻きつける。
あ.jpg


2016年9月 « トップへ » 2017年6月


コールバック予約

PAGE TOP