2013年9月 2日 « トップへ » 2013年10月 4日

2013年9月17日

No.35

No.35

みなさんこんにちは。
寒い日も少なくなり、暖かい日も多くなってきましたね。
新しい出会いが多くなる時期でもあります。
森川歯科クリニックスタッフも皆様との出会いを大切にしていきます。

花
No.35
花

1.キッズルームの利用のご案内
当院ではお母さまに安心して歯科診療を受けて頂けるよう、保育士がお子さんをお預かりいたします。

No.35

No.35<注意事項>
〇お約束の10分前にはご来院下さい。
〇保護者の方の診療中のみお預かりいたします。(無料)
〇保育士の都合により、急にキッズルームをご利用できなくなることがございます。ご了承下さい。

2.診療の際のハブラシ持参について
No.35お口の健康を保つご提案をさせて頂く為に、診療の際、歯ブラシ・歯間ブラシ等を必ずご持参下さい。

・診察の際には、患者さまご自身の歯ブラシ・歯間ブラシが必要な場合があります。
・必要に応じ、使用方法やブラシの状態が適切か確認する事で、健康な歯を保つための、アドバイスをさせて頂く事が可能となります。
・当日、お忘れになった方は、新しい歯ブラシ・歯間ブラシ等をご購入して頂いた上で、使用させて頂きます。

3.ケアの大切さについて
お口の健康は全身の健康を保つ事の第一歩です。
いつまでも若々しく、心身ともに健康な人生であったら、素晴らしい事と思います。
その"健康"を維持してくには次の3つのバランスを保つことが大切になってきます。

No.35

まず、①ご自身での歯磨き(セルフケア)がとても大切です。
ただ、ご自身の歯磨きでは100%磨く事は困難になってきます。
奥歯や、歯と歯の間など、歯磨きが難しい部分が必ずあります。

そういった難しい部分や磨けていない部分のお掃除・ケアは歯科医院で定期的に②プロのケアを受ける必要があります。

また、喫煙や飲酒、睡眠不足などもお口の健康に関わってきます。
③適切な生活習慣のアドバイスもさせて頂きます。
No.35

4.子供の偏食
<太ると危ないです!!>

体の中に脂肪がたまると体の中の働きが悪くなり、いろんな怖い病気になり易くなります。
その病気の中に、※1:高血圧、※2:糖尿病、※3:高脂血症などがあります。
これらの病気は、1度かかると、なかなか治りにくく、悪くすると、好きな物も食べられなくなります。

※1:心臓に負担がかかり血管が早くボロボロになる病気
※2:血液の中に糖が増えこの状態が続くと目が見えなくなる事もある病気
※3:血液の中に脂肪が増え、心臓病の原因ともなる病気

<お菓子には油や体に悪いものがいっぱい>

・ポテトチップスには脂肪や塩分がたくさん含まれている
・甘いコーラやソーダにはたくさん砂糖が溶け込んでいる
・ポテトチップスなどスナック菓子にはカルシウムを体の外に出すものを多く含み成長をストップさせる

<おやつの選び方>

おやつは食べる時間、種類、量を考えて食べさせましょう。

No.35

強制的になっては子供の負担になるだけなので、お母さまが勝手におやつの内容や量を決めるのではなく、相談しながら選ぶようにすると良いでしょう。

No.34 2011年

No.34

No.34皆さん、こんにちは。
ゆきだるま寒さも一段と厳しくなってきましたが、風邪などひいてはいませんか?
丈夫な身体づくりをして、この冬を乗り越えましょう!

花

お知らせ①
No.34お口の健康を保つご提案をさせて頂く為に
診察の際、歯ブラシ・歯間ブラシ等を
必ずご持参下さい

・診察の際には患者さまご自身の歯ブラシ・歯間ブラシが必要な場合があります。
・必要に応じ、使用方法やブラシの状態が適切か確認する事で、健康な歯を保つ為のアドバイスを
 させて頂く事が可能となります。
・当日、購入希望の方は診察前に受付にお申し出下さい。
・尚、お忘れになった方は、新しい歯ブラシ・歯間ブラシ等をご購入して頂いた上で、使用させて頂きます。

ご協力の程、宜しくお願致します。

お知らせ②
キッズルームの利用可能日が増えました
No.34No.34

当院では、祝日のある週の木曜日は、診療を行っております。
つきましては、木曜日の午前中もキッズルームをご利用できるようになりました。
小さなお子さんをお持ちのお母さまの手助けになればと考えております。ぜひ、ご利用下さい。

No.34

~キッズルームご利用の方へ、お願い~

・お約束の10分前(初めてご利用の方は15分前)にはご来院下さい。
保護者の方の診療中のみお預かりいたします。(無料)
 会計後、速やかにお子さんをお迎え頂きますようご協力お願い致します。
・事前にご予約をお願いします。
・保育士の都合により、急にキッズルームをご利用できなくなることがございます。予めご了承下さい。

No.34No.34

花

No.34
昨年大流行したインフルエンザ、今年も各地で流行しています。
風邪やインフルエンザには、様々な予防対策がありますが、今回は、食べ物からの予防をお話しします。

体は、体温が下がると、免疫力も低下してしまいます。
風邪やインフルエンザの予防には、体を温めて、免疫力を上げる事が大切です。
以下の食材は、体を温める効果があります。
香味野菜No.34
香りの強い野菜は体を温める効果があります。
特にしょうがに含まれるジンゲロールやショウガドールという成分に効果が期待できます。
紅茶やはちみつと合わせると、美味しくいただけます。
根野菜 No.34
根野菜も体を温める効果があります。
生野菜や葉野菜にも栄養は豊富に含まれていますが、体を冷やす効果があるので、スープや煮物にしたり、香味野菜のドレッシングと合わせたりするなど、工夫するとよいでしょう。

その他、りんごやさくらんぼ、梅干しや漬物など適度の塩分は体を温める効果が期待できます。
ぜひ、お試しください!

No.33 2010年

No.33

皆さん、こんにちは。
秋も深まり、日に日に寒くなりますが、体調を崩したりしてはいませんか?
食欲の秋・運動の秋など、いろいろな秋をぜひ満喫して下さいね♪

花

口とは...

口は人間にとって、素晴らしいものだ。

それは人間の情緒においても、
日々の生活にとっても、
また人間の生活にとっても、
人間の美しさにとっても...。

口...それは、今まさに私が生きていることを現わしている。

もし動物が歯を失ったとき、
その動物の死を意味する。
歯を失ったとき、彼らは生き続けることは不可能であり、
その生に終わりを告げやがて死んでいく。

人間にとって、口は会話を楽しみ
愛を語り、幸せ、喜び怒りを現わす。

口は愛情の入り口であり、
食べ物を摂り、生き、
そうして人間は栄えていく。

だからこそ、口はどんな犠牲を払おうとも、
十分な注意と管理を受けるだけの価値を持っている。
Dr.ハロルド・ワースより
口は命の入り口、歯は命の柱、そして噛むことは命の貯金
噛むということは、生きる力そのものだと私達は考えます。

花

No.33No.33No.33

皆様のお口の健康をより保てるように、"高濃度フッ素塗布"をご用意しました。
歯が生え始めた時(0歳)から一生涯、フッ素塗布をしていく事は、虫歯を予防するのに有効な1つの方法です。

フッ素の効果

・歯の中に取り込まれ、より酸に抵抗力のある歯になり、虫歯になりにくくする。
抗菌作用がある→お口の中の細菌を減らす。
・溶け始めた初期の虫歯を再び硬くする。

フッ素の利用は、大人の方にも効果があります。
年を重ねると、歯茎が下がったり、唾液の量が少なくなっていきます。
歯の根っこの部分が見えてくると、その部分が虫歯になるリスクが高くなるのですが、フッ素コーティングをする事でむし歯の予防効果が期待できます。
冷たい物がしみる等の知覚過敏にも効果的です。

フッ素は、普段の食事や飲み物からも取り込む事で、歯を内側から強くする事もできます。

No.33魚介類  海藻類  紅茶  緑茶   等
ただし、フッ素を塗ったからといって絶対虫歯にならないわけではありません。

お口の健康を保つためには...

・ご自身での歯磨き(セルフケア)
・生活習慣:食事、運動、睡眠、喫煙

このバランスを適切に保つ事が大切です。

花
お母さまの診療中、小さなお子さんをお預かりする、キッズルームがございます。
詳しくはスッタフまで。


2013年9月 2日 « トップへ » 2013年10月 4日


コールバック予約

PAGE TOP