2013年8月14日 « トップへ » 2013年8月30日

2013年8月15日

インターネット予約

インターネット予約注意事項
予約が取得できるのは、初めて森川歯科クリニックにかかる新患の方が対象となります。

●ご予約は1人1回(初診の日のみ)でお願いいたします。
●ご予約をキャンセルされる場合は、直接お電話にてご連絡をお願いいたします。
●お急ぎの方は、直接お電話にてご予約をお取りください。
●インターネット予約の操作でお困りの方は、直接お電話にてご連絡ください。
●入れ歯の修理希望の方は、直接お電話にてご予約をお取りください。
●ご予約の5分前には来院ください。診療時間はカウンセリングを含め、1時間程を予定しております。
●歯垢除去等を行う際に使用するため、ご自宅でお使いの歯ブラシをご持参ください。

託児ご希望の方は「症状・希望内容」欄に「託児希望」とご入力ください。
託児をご利用できる時間は、月・火・水・木・金の9:30から、最終受付は15:30となります(木曜は診療のある日のみ)。
その他詳しいことは保育士・キッズルームのページをご覧ください。
※保育士の都合により、急に託児をご利用できなくなることがございます。ご了承ください。

ご予約の確認のために、こちらからご連絡させていただきます。

初診予約

以前に受診されたことがある方(再診)
大変申し訳ございませんが、インターネット予約ができるのは初めての方のみでございます。
以前に受診されたことのある方は、直接お電話でご予約をお願いいたします。
TEL:0568-52-1118

当院の治療メニュー

一般歯科(無痛治療)
一般歯科(無痛治療)残念ながら、虫歯をそのままにしていても治りません。そればかりか、残せたはずの歯を失うという、最悪の事態も起きてしまいます。当院では、安心して治療を受けていただくために、できるだけ痛くない治療を心がけています。

一般歯科(無痛治療)はこちら



審美歯科・ホワイトニング
審美歯科・ホワイトニング皆さまは、審美歯科治療に何を求めていますか?審美性、機能性、それとも健康面ですか?当院は、見た目の美しさはもちろん、患者さまの健康を重視した審美歯科治療を心がけています。

審美歯科・ホワイトニングはこちら



予防歯科
予防歯科お口の健康を守るためには「3つのバランス」が大切です。1つ目は定期健診、2つ目はセルフケア、そして3つ目が生活習慣の改善です。まずはご自身の手でしっかりメンテナンスをしましょう。それでもどうしても手が届かない部分は、プロがしっかりサポートいたします。

予防歯科はこちら



小児歯科
小児歯科当院は、ご家族そろって通院できる歯医者さんです。小児の患者さまも多く、一人ひとりのお子さんの成長に合わせた虫歯治療を行っています。まずはお口をあける練習から始め、すっかり慣れてから治療を始めます。

小児歯科はこちら



歯を失った方への治療
歯を失った方への治療歯を抜いた、あるいは抜けてしまったとき、噛み合わせを回復する治療には、「インプラント」「ブリッジ」「入れ歯」の3種類があります。当院では、患者さまの歯の状態やご要望に合わせた最適な治療方法をご提案いたします。

歯を失った方への治療はこちら



歯周病治療
歯周病治療40歳を過ぎてからのお口の中の病気で、最も多いのが歯周病です。厚生労働省の調査でも「日本人の成人のうち、約80%が歯周病に感染している」という報告があるだけに、早期発見・早期治療が大切です。

歯周病治療はこちら



矯正歯科
矯正歯科歯並びや噛み合わせが悪いと、虫歯や歯周病のリスクが高まり、食事も食べにくなります。そればかりか見た目も気になりますので、心にも悪い影響を与えます。こうした、歯並びや噛み合わせの悩みを改善する治療が、矯正治療です。

矯正歯科はこちら

ニュースレター

こんにちは、春日井市の森川歯科クリニックです。
ここでは、森川歯科クリニックのスタッフが毎月発行しているニュースレターを紹介します!

このニュースレターのよいところは・・・

スタッフが毎月作成!
・楽しく読んでいただくために、お口から全身に関わる情報、美容に関わる情報をはじめ、スタッフの魅力を伝えたり、森川歯科クリニックでのイベント紹介など、内容も毎号企画しています!
・最新のお知らせを、旬に、来院された患者さま全員に配らせていただいています。

などなど、たくさんあります。
今まで、来院してくださった方全員に最新号を配り、読んで頂いていたところ、それ以前のニュースレターも読んでみたい!とのご要望のお声をいただきました。
そんなご要望にお応えいたしまして、ホームページ上でも紹介させていただきます。


No.78 「衛生管理」「新たな仲間をご紹介♪」
No.77 「森川歯科クリニックの医院理念」
No.76 「フロスを使って歯を健康に」
No.75 「指しゃぶり」
No.74 「12月・1月のTopics」
No.73 「新年の挨拶」「あなたは鼻呼吸?口呼吸?」
No.72 「ハロウィンイベント」
No.71 「歯みがき講座~基本編~」
No.70 「噛むって良いこと♪」
No.69 「わくわくタイム」
No.68 「七夕」
No.67 「ジェルコート」
No.66 「ホワイトニング」
No.65 「イベント・わくわくタイム」
No.64 「噛ミング30」

No.36 「歯を守るケアグッズ新登場!」
No.35 「子供の偏食」
No.34 「森川歯科からのお知らせ」「インフルエンザに気を付けましょう」
No.33 「フッ素」
No.31 「歯周病と身体の病気」
No.30 「BestSmileのために」「はっきり読みエクササイズ」
No.29 「AROMA(アロマ)」
No.28 「森川歯科クリニックは、より安全・快適な環境作りを心がけています」
No.27 「new絵本"たのむぞ!がんばれ!騎士リ・トールくん"」「アロマテラピー」
No.26 「メタボリックシンドロームとは?」「ハロウィンおすすめレシピ」
No.25 「子供の生活リズムと食生活」
No.24 「歯ぎしりとは?」
No.22 「笑顔練習法」
号外編 「リニューアル特集」
No.20 「口呼吸?鼻呼吸?」
No.17 「8020運動」「2009年抱負」
No.16 「オフィスホワイトニング」「PMTC」
No.15 「シーラント特集」
No.14 「「噛む」ことを意識していますか?」
No.13 「デンタルフロス」「顔面体操」「歯を1本失う=指を1本失うこと!?」

2011.5.10発売の「東海ウォーカー」で紹介されました

東海ウォーカー東海ウォーカー

女性と子供の口の健康を親身になってサポート
定期ケアで歯の健康を守るPMTCなど、個人に合わせたケアメニューを提供する。
初診者には丁寧な診療もうれしい。受診の前に、医院の最新情報をHPでチェックしよう。

Q.いつまでも健康な歯でいるためのケアについて知りたいのですが、どんなものがありますか?

A.PMTCなどがオススメです。
プロによるPMTCにより、本来の健康でツルツルな歯に近付けることができます。
一度体験して下さい。

(以下、写真注釈。)

1(上).いつも笑顔で明るいドクターやスタッフのみなさん。
なごやかな雰囲気が◎

2(丸).質問や不安に優しく丁寧に答えてくれるスタッフの存在も心強い。

3(左中).診療前に専用ルームでじっくりカウンセリングを実施。

右上.待合室はアロマの香りでリラックス。

右下.すぐ近くにも第2駐車場がある。

左下ピンク内.こちらも注目!
保育士が無料で子供を預かってくれる託児ルーム(予約制)有り。
子育て中の親をサポートする。

また、医院紹介以外のページにも、森川歯科クリニックがPMTCで使用しているデンタルグッズが紹介されました。

東海ウォーカー

イマドキの予防歯科はスゴかった!
最近、多くのクリニックで耳にするPMTCとは「Professional Mechanical Teeth Cleaning」の略、すなわち歯科医師による機械を用いた歯の掃除のこと。歯磨きでも落とせない歯の汚れや細菌の巣を取り除けるので、虫歯予防や歯周病の予防に抜群の効果があるとか。さらに、定期的にPMTCを受けることで、歯の表面もツルツルに保てるぞ。

(写真注釈)

専用に開発された器具を使うので、痛みがほとんどないのも特徴

2006.9.26 「中部経済新聞」に取材を受け、掲載されました

中部経済新聞

いつまでも自分の歯で噛む -歯周病毒素で全身疾患に

歯科医院に行くのは、歯が痛くなったり歯が悪くなった時だけ、という人が多いだろう。 だが、「いつまでも健康な歯で楽しく食事できる豊かな人生を送るためにも、予防のために歯科医院に通うことがとても大切です。」、そう語る森川歯科クリニック(春日井市気噴町5-8-3、電話0568-52-1118、http://morikawa-dental.net)の院長・森川真作さん。
気軽に行きたくなるような、笑顔あふれる歯科医院を目指しているという。

80歳で歯は5本

人間の歯は28本ある。
予防への意識の高いスウェーデンでは、80歳で残っている歯は平均23本。
ところが、日本では10本だという。
80歳で歯が23本残っている人と、10本の人では、生活の質も大きく違うだろう。
食べられるものも限られてしまう。
だが、それだけではない。
歯は、思っている以上に大事だと森川さんは力説する。

「自分の歯で噛むことで顎の筋肉が働き、脳の血流もよくなるので、脳細胞が活性化します。それに人は、苦しい時や力を出す時、歯を食いしばります。自分の歯が健康ではないと、力を出せないのです。」

実際、総入れ歯の人は噛む力が歯が全部残っている人の約5分の1になる。噛む力が弱くなると、消化が悪くなり、胃腸の消化吸収も悪くなって免疫力が低下する。

歯の病気と言えば、虫歯と歯周病が挙げられる。
どちらも歯に食べカスなどが残っていると、そこから菌が増殖して引き起こされる。歯周病は、歯を支える骨が溶けていく病気だ。
タバコは歯周病の最大のリスクファクターとのこと。気になる口臭が消えなかったり、歯茎から血が出たり、冷たいものが歯に染みたりすると歯周病の可能性がある。放っておくと歯がグラグラしたり、歯茎を押さえるとウミが出たりするようになる。

この歯周病の細菌は強い毒素を持っている。ダイヤモンドのような硬い歯を溶かしてしまうほどだ。そのため、歯周病を放置すると、脳卒中、肺炎、心臓病、糖尿病などになってしまうリスクが高くなるという。

楽しんでもらう

それでは、どうすればいつまでも自分の歯を健康な状態に保つことができるのか。毎日の歯磨きと、歯科医院でのケアで、歯が虫歯や歯周病にならないようにすることだ。体力は年齢とともに落ちるが、歯も同じで、できるだけ若いうちからケアを心掛けると、それだけ丈夫な歯を多く持ち続けられる。

歯磨きは歯の表面を磨くだけではなく、歯と歯のすき間や歯と歯茎の間を掃除するように、一歯一歯を磨く。歯間ブラシ、糸ようじなどの使用も効果的。歯磨きは毎食後にできれば理想的だが、少なくとも就寝前には行うこと。夜、寝ている時は唾液の分泌が少なく、菌が活性化しやすいからだ。

しかし、自分で行う歯磨きは、どんなにていねいでもやはり不十分だ。
そこで専門家による定期的な口腔ケアが必要となる。歯科医院でのケアでは、口腔ケアのみならず、いつまでも"素敵な笑顔"でいられるためのさまざまなアドバイスを受けることができる。

「私たちの役割は、皆さんが美しい歯と笑顔でいられるためのアドバイスをするとともに、健康で幸せな人生を送るためのパートナーとして共に歩んでいくことなのです。」と森川さん。

ここ森川歯科クリニックでは、 歯科医院になるべく通いやすくするような工夫もしている。
それは、「患者さまに楽しんでもらう」ことだという。

そのため、母の日に子どもから母親にメッセージカードを書いてもらうなど、イベントも実施。
「感動できるサプライズをいろいろと考えています。」という森川さんは、今後もさまざまな"サプライズ"なイベントを企画中だ。

(中部経済新聞 2006年9月26日 火曜日 「いきいきライフ 医者の養生」より記事抜粋)

2013年8月14日 « トップへ » 2013年8月30日


コールバック予約

PAGE TOP