トップへ » 当院の治療メニュー » 歯を失った方への治療

歯を失った方への治療とは?

失った歯の治療は3つ

歯を失ったときの治療は3種類あります。

歯を抜いた、あるいは抜けてしまったとき、噛み合わせを回復する治療には、「インプラント」「ブリッジ」「入れ歯」の3種類があります。当院では、患者さまの歯の状態やご要望に合わせた最適な治療方法をご提案いたします。

【失った歯の治療1】人工の歯を装着するインプラント

【失った歯の治療1】人工の歯を装着するインプラントインプラント治療は、失われた歯の代わりに人工の歯根(インプラント)を移植し、噛み合わせを回復する治療です。あごの骨にチタン製のインプラントを埋入し、その上から人工の歯を装着します。隣の歯を削らずに済み、審美性や機能性に優れた治療法です。

インプラントのメリット
■入れ歯のように滑りやズレがなく、力強く噛むことができる
■ほかの歯にダメージを与えない、負担をかけない
■自分の歯のように見た目が自然できれい
■発音に支障が出ない
■良好な噛み合わせを維持することができる

インプラントのデメリット
■外科的手術が必要
■ある程度、治療期間が長期である
■健康状態などにより手術ができない場合がある
■保険が適用されず、比較的費用が高額となってしまう
■インプラントを埋入して終わりではなく、定期メンテナンスが必要

【失った歯の治療2】人工の橋を架けるブリッジ

【失った歯の治療2】人工の橋を架けるブリッジ失われた歯を補うために、土台となる両側の歯を削り、連結した被せ物を被せる治療です。橋を架けることからブリッジと呼ばれています。被せ物の素材には、保険が適用できるものからセラミック素材まで幅広い種類があり、使用する部位や患者さまのご要望に応じてお選びいただけます。

(※症状や失われた歯の本数によって保険の適用範囲が異なりますので、歯科医師にご相談ください)

ブリッジのメリット
■自然の歯と同じような見た目を回復することができる
■ある程度自分の歯と同じように噛むことができる
■固定式であるため、ほとんど装着感なくつけることができる
■噛み合わせを回復することができ、歯をつなぐことで噛む力を分散させることができる

ブリッジのデメリット
■両側に健康な歯がない場合や、多くの歯を失った場合は処置できない
■土台となる健康な歯を削る必要があるので、土台の歯の寿命が短くなる
■土台となる歯に余計に負担がかかったり、ブラッシングがしにくくなったりするので、歯を失う場合がある

【失った歯の治療3】取り外しができる入れ歯

【失った歯の治療3】取り外しができる入れ歯一般的によく知られている治療です。健康な歯をほとんど削らずに済みます。取り外しが可能なので、お手入れがしやすく、お口の中を衛生的に保つことができます。

入れ歯のメリット
■保険適用の場合は安価

入れ歯のデメリット
■見た目がよくない
■固いものを強く噛むことができない
■装着時に違和感がある
■うまく発音ができなくなる場合がある
■入れ歯を支える骨や歯の喪失を招きやすい

当院の入れ歯メニュー

【エステティックデンチャー】美しさと快適さを追求した入れ歯
当院の入れ歯透明度の高い素材を使用した、自然な美しさを追求した入れ歯です。

新開発の樹脂は軽くてソフトで、お口の中にジャストフィットするので、入れ歯をつけているのを忘れてしまう方がいるほど。

機能性と耐久性に優れていますので、より快適さを重視される方に最適です。

【特徴】
・透明感がある素材で自然な美しさがある
・弾性がありジャストフィットする装着感
・耐久性があり、臭いや汚れがつきにくい

【チタン床義歯】軽くて強度がある体に優しい入れ歯
当院の入れ歯生体親和性の高いチタンを使用しているので、軽くて体に優しい入れ歯です。強度があるので上顎に向いています。

また、金属アレルギーをお持ちの方でも、安心してお使いいただけます。

【特徴】
・軽くて人体に優しい
・金属アレルギーが起きにくい

食べ物の味が変わらない【コバルトクロム床義歯】
当院の入れ歯コバルトクロム合金を使った金属床義歯です。弾力性があるコバルトクロムは上顎に吸い付くような感触があり、違和感がほとんどありません。

コバルトクロム床義歯のメリットは、熱が伝わりやすく、優れた耐久性があるので、長期間使用することができ、金属床の中では比較的リーズナブルな入れ歯です。

【特徴】
・食べ物の冷たさ・温かさを感じることができる
・耐久性に優れている
・比較的リーズナブル


トップへ » 当院の治療メニュー » 歯を失った方への治療


コールバック予約

PAGE TOP