トップへ » 当院の治療メニュー » 一般歯科(無痛治療)

痛くない治療のこだわり

痛くない治療のこだわり

「治療中の痛みがイヤで、歯医者さんには行きたくない」

こうした理由から、治療を先延ばしにしている方はいませんか?

痛みの少ない治療を心がけています
残念ながら、虫歯をそのままにしていても治りません。そればかりか、残せたはずの歯を失うという、最悪の事態も起きてしまいます。当院では、安心して治療を受けていただくために、できるだけ痛くない治療を心がけています。

●当院の"痛み"対策
治療中の痛み:最新機材により痛みを緩和
麻酔が効きにくいとき:無理に治療を続けず、炎症の具合や麻酔が効いてくるタイミングを見極める
治療後の痛み:鎮痛剤を処方する など

最新機器やテクニック、コミュニケーションを駆使して痛みを緩和

こだわり1 表面麻酔で注射の痛みをなくす最新機器やテクニック、コミュニケーションを駆使して痛みを緩和
多くの患者さまが嫌がるのが、麻酔注射をするときの痛み。こうした不快感をなくしてくれるのが、表面麻酔です。これは、ジェル状の塗り薬で、必要に応じて麻酔を打つ前に患部に塗ることで、針を刺すときの「チクッ」とした痛みを抑えてくれます。

こだわり2 電動麻酔で一定の速度で注入
麻酔注射を打つとき、麻酔液を一気に注入すると強い痛みを感じます。当院では、電動注射器を使用し、一定の速度でゆっくり麻酔液を注入することで、痛みが出ないようにしています。

●麻酔針は最も痛みが少ない超極細を使用
電動麻酔で使用する針は、細いものを使用。表面麻酔と極細の針を使用することで、より痛みが少ない麻酔注射が可能です。多くの患者さまから「痛みが少なくて驚いた!」という嬉しい声をいただいています。

こだわり3 痛くないポイントへ麻酔を打つ
針を刺す場所によって、痛みを感じやすいポイントと感じにくい部位があります。当院の歯科医師は経験豊富。まずは、痛みを感じにくい場所に麻酔をし、徐々に効いてきたところでさらに深い部分に麻酔をかけます。一手間かかりますが、患者さまの苦痛を減らすために、あえてこうしているのです。

こだわり4 今までの歯科治療での経験をヒアリング最新機器やテクニック、コミュニケーションを駆使して痛みを緩和
「麻酔はなかなか効かない」
「麻酔針の痛みが苦手」
「麻酔が効き過ぎて、治療後に困った」

今までの歯科治療での経験をヒアリングすると、こんな経験やお悩みがある方が多くいらっしゃいます。

麻酔の効き方は心理的な作用が大きく影響し、恐怖心や過去の経験などによって変わってきます。当院では、緊急な場合を除いていきなり麻酔をすることはありません。まずは、過去の経験をお伺いしてから対処いたします。

こだわり5 リラックスできる環境を大切にしています
痛みを感じるというのは感覚的な影響が大きく、緊張している状態だと、より痛みを感じてしまいます。当院では、待合室はもちろん、診療中もリラックスしていただける環境作りにこだわっています。リラックス効果があるBGMや、アロマの香りをお楽しみください。

リラックスできる医院づくりについて

こだわり6 「安心できる」信頼関係づくりを大切にします
歯科に限らず、安心の医療を受けるためには、患者さまと歯科医院側の信頼関係が何よりも重要です。不安なままだと、痛みにもつながってしまいます。

当院では、カウンセリングを行うなど常にコミュニケーションを大切にして、患者さまとの信頼関係づくりを大切にしています。また、いつも笑顔でお迎えすることで、安心を提供します!

麻酔が効きにくいときは、どうするの?

麻酔が効きにくいときは、どうするの?多くの方は、麻酔さえすれば痛くないと思われているようです。実は、麻酔注射はすべての症例においても万能というわけではありません。麻酔注射が効きにくい条件があります。

麻酔が効きにくいとき
・炎症の痛みが強いとき
・膿(うみ)が溜まっているとき
・下顎の奥歯
 (周りの骨の影響で、麻酔液が浸透しにくいため)
・腫れているとき

もし効かなかったときは?
麻酔が効いていないときは、速やかに対処いたしますので、すぐに手を挙げて伝えてください。ほとんどの場合は、麻酔の量を増やす、あるいは麻酔が効くまで時間を空けることで対処できます。

●麻酔が効きにくいときの対処法
(1) 麻酔の量を増やす(体に悪影響はありません)
(2) 麻酔が効いてくるまで少し時間を空ける
(3) 治療を中断して薬を処方する(炎症が治まるまで薬を処方します)
※ほとんどが(1)と(2)で対応できますので、ご安心ください。

治療後の痛み対策

痛みが出たときのために鎮痛剤などを処方治療後の痛み対策
すべての方に対応できる完全な無痛治療は不可能です。たとえば、虫歯を削ったり神経の治療をしたりすると、痛みが出る場合があります。詰め物が入るまでは若干しみることもありますが、治療が終われば緩やかに痛みがなくなります。また、神経の治療後は鈍痛が残ることも。

これらの痛みに対しては、鎮痛剤などを処方して適切に対処いたします。

当院では、すべての治療において痛みが伴う可能性を考慮し、患者さまの負担が少ない処置を行っています。

痛い思いをしないために、予防が大切!

痛い思いをしないために、予防が大切!痛い思いをしないためには、定期健診を受けて予防に努めることが大切です。

歯科衛生士によるセルフケアのアドバイスも受けられますので、より効果的な予防が可能です。

現在治療中の方も、治療後の再発を防ぐために、口腔ケアのプロフェッショナルが、お口の健康を守るためにお手伝いさせていただきます。

美味しく楽しく食事ができる幸せな人生のためにも、定期健診でお口の健康作りを一緒にしていきましょう。

予防歯科について見る


トップへ » 当院の治療メニュー » 一般歯科(無痛治療)


コールバック予約

PAGE TOP